不動産管理の難しさ~家賃の回収~

不動産管理の難しさ~家賃の回収~ 不動産管理は安定した収入が得られるとして人気が高いのですが、それは入居者がきちんと月々の家賃を支払っていることが前提です。
つまり、入居者からの支払いが遅れたり、滞ってしまうと収入がなくなってしまうといえます。
これこそが不動産管理の難しさなのですが、こうした事態が起きてしまった時に重要なことは段階的に手順を踏んで、家賃の回収をすることです。
手順としては、まず電話などで催促をすることが一番です。
ただし、この時あまり上から威圧的に催促してしまうと、入居者側に不快感を抱かせて揉めてしまうことがあるため、丁寧に案内をするようにしましょう。
その後も支払いが遅れるようであれば、裁判所の調停と進めていくとよいでしょう。
また滞納予防のために、契約時から入居者審査を行ったり、保証会社と契約をして滞納をした時に代行して支払ってもらうように準備をしておくと、回収できずに収入が途絶えてしまうという事態は避けられるはずです。

不動産の維持管理をするためには業者の手助けが必要

不動産の維持管理をするためには業者の手助けが必要 不動産管理は収益を得るためには重要なことです。
特に、入居者の募集、入居者からのクレーム対応、家賃の回収は重要です。
しかし、これを大家が一人でやるのは大変です。
本業が別にある方ならそれをやっている暇はありません。
そこで、普通は不動産業者に委託してこれらを行ってもらうことになります。
また、維持するために設備を適宜改修することも長期的には必要となります。
魅力ある物件でなければ入居者は集まらず、空室を抱えてしまうからです。
これについても不動産業者に合わせて行ってもらえば、オーナーは自分ではほとんど何もしなくても良いことになります。
業者はそれに関するノウハウを持っていますから、最適な提案をその時々に行ってくれます。
業者に委託する場合は委託する範囲をオーナーが自分で決められます。
例えば、家賃の回収や入居者の募集は任せて、設備の保守点検は自分でやるといったことも可能です。
いずれにせよ、不動産業者による管理を活用するのは不可欠であるといえるでしょう。

新着情報

◎2022/12/6

情報を追加しました。

> アパート管理をするために重要な不動産会社の魅力
> マンションなどの不動産は管理人室によって管理されている
> 不動産で空き家のまま所有するのではなくしっかり管理する事が大切
> オーナーとして不動産管理を行うときの2つの注意点
> 経費節減で不動産管理をオーナーが自主管理するには知識が必要です

◎2019/7/10

劣化した時にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/5/20

サイトで手頃な物件を探す
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

不動産を相続する時の手続き
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

難しい不動産管理:入居者の募集
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

難しい不動産管理:共用部の清掃
の情報を更新しました。

◎2018/8/31

サイト公開しました

「不動産 家賃」
に関連するツイート
Twitter

返信先:こーゆーのは横の繋がりで要注意債務者扱いになるから 不動産屋経由では新居は見つかりにくいよ 家賃は5万くらいかな? 携帯と電気は払えてるからいくらかは稼いでいるはず むしろパパに払ってもらうことはできないんかな?ww

退去後すぐに次のテナントが決定。ご縁のスノーボールを育ててきたら毎月700万円の家賃収入になった / ビル広田さん / 不動産投資の健美家

不動産投資して家賃収入が入ってくるので、何百万という数字が少なく感じるんだが、200万あればサイゼリアに2000回行けると思うと200万もそこそこ価値あるな。サイゼリアなんて行かないんだが

東京の不動産を物色中🖊 候補物件は全部 先約取られた🚩 「お前は もっと高見を目指せ」 と解釈する🌷 家賃高になっても 町工場と変わらぬ範囲なら OK👍✨ 作家は 環境大事🎼✨

本当に追い込まれた時に死んででも高い家を持ち続けるのか、高い家賃を払い続けるのか 「不動産バブルが崩壊するかどうか」というのは「そういうこと」だと思いますよ🤗