不動産を相続する時の手続き

不動産を相続する時の手続き 遺族となった時に行う手続きは葬儀後・市町村役所・年金事務所・金融資産なその他いろいろあり、そしてその上に不動産の相続手続きもあります。いろいろと必要書類が必要となり各所にまわり速やかに行うことは時間と労力が必要となり、不動産についても自分でやれると思われる人もいるのです。確かに不動産のことを行うようになった場合にも何とかなりそれほど難しくないかもと思ったり、知人で自分でしたという人がいたり専門家に依頼すると高額になるのではと思います。不動産の相続をするということは多くの人にとっては人生の中で何度もあることではないことから多くの人は自分自身で経験したという人は少ないです。何事も自分でできないことはないと思われますが、実生活にあまり必要のない法律知識を持たない人にとってはかなり難しい作業になることと思います。費用面についても自分で行うと無料だということにはならず、誰にも絶対に必要な税金があるのを見逃してはならないのです。その上で自分の労力や精神的負担を考えた場合はやはり専門家に依頼というのが1番スムーズな方法に思えます。

不動産を相続する際の費用

不動産を相続する際の費用 不動産は購入時だけではなく相続する時にも費用が掛かります。不動産を引き継いだことにより所有権移転登記をする必要がありますので法務局へ登録免許税を納めなければなりません。登録免許税は固定資産評価額の0.4%が掛かります。評価額は市町村が決定するもので3年に一度見直しが行われています。所有権移転登記は複雑でなければ自分で行うこともできますが、慣れない作業なので何度も法務局での確認が必要になると思われます。時間と手間を考えれば司法書士に依頼した方が無難です。司法書士に対する報酬は5万円前後を見ておけば良いのではないでしょうか。
遺産を相続すると税金が課税されます。但し基礎控除額がありますので3000万円+権利者の数×600万円までの範囲内でしたら税金はかかりません。税金の申告がある場合は税理士に依頼する必要も出てきますので税理士に対する報酬も必要となります。その他特例があったりしますので専門家に相談しながら手続きをするのが確実ではないでしょうか。

新着情報

◎2022/12/6

情報を追加しました。

> アパート管理をするために重要な不動産会社の魅力
> マンションなどの不動産は管理人室によって管理されている
> 不動産で空き家のまま所有するのではなくしっかり管理する事が大切
> オーナーとして不動産管理を行うときの2つの注意点
> 経費節減で不動産管理をオーナーが自主管理するには知識が必要です

◎2019/7/10

劣化した時にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/5/20

サイトで手頃な物件を探す
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

不動産を相続する時の手続き
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

難しい不動産管理:入居者の募集
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

難しい不動産管理:共用部の清掃
の情報を更新しました。

◎2018/8/31

サイト公開しました

「不動産 相続」
に関連するツイート
Twitter

調停委員の同僚が元公務員で退職金と相続で得たまあまあなロットの現金をどう運用するか時々私に聞いてきてた。株は全くわからないけど不動産だとこんな感じですよーと丁寧に説明してた。ある日別室に呼び出され嬉しそうに「町さんこれどう思う?」と見せてきたのが「みんなで大家さん」↓

相続税を「ゼロ」にすべき理由 所得税と〝二重課税の弊害〟目立つ 消費拡大や家族の助け、不動産を中国から守る策にも(夕刊フジ)

同性婚解禁というより、婚姻関係を男女に限定しないことで、身寄りのない女性二人が不動産を購入して共同生活を送り一方が死んだ後も相続税格安で住み続ける、とかできるようになるんだよね。 社会にとってもお得だと思うけど。

書き出したら止まりませんね。 私の、5、6年前の気づきです。 生命保険と不動産。 一見、繋がらない言葉でしょう。 でも、ある言葉を介すると繋がるんです。 生命保険🟰相続🟰不動産です。 不動産を用いてどうやってお金を生み出すか。私はそんなご提案が多いです。

そして、上田さんがおっしゃる通り、相続の分野でお客様のお役に立つには、一定レベルの知識が必要です。生命保険はもちろん、税務、法務、不動産などです。 私が1番お勧めの講座がこちら。 私は11年前に受講。基礎を叩き込むにはうってつけです。コスパ最高です。