不動産を相続する時の手続き

不動産を相続する時の手続き 遺族となった時に行う手続きは葬儀後・市町村役所・年金事務所・金融資産なその他いろいろあり、そしてその上に不動産の相続手続きもあります。いろいろと必要書類が必要となり各所にまわり速やかに行うことは時間と労力が必要となり、不動産についても自分でやれると思われる人もいるのです。確かに不動産のことを行うようになった場合にも何とかなりそれほど難しくないかもと思ったり、知人で自分でしたという人がいたり専門家に依頼すると高額になるのではと思います。不動産の相続をするということは多くの人にとっては人生の中で何度もあることではないことから多くの人は自分自身で経験したという人は少ないです。何事も自分でできないことはないと思われますが、実生活にあまり必要のない法律知識を持たない人にとってはかなり難しい作業になることと思います。費用面についても自分で行うと無料だということにはならず、誰にも絶対に必要な税金があるのを見逃してはならないのです。その上で自分の労力や精神的負担を考えた場合はやはり専門家に依頼というのが1番スムーズな方法に思えます。

不動産を相続する際の費用

不動産を相続する際の費用 不動産は購入時だけではなく相続する時にも費用が掛かります。不動産を引き継いだことにより所有権移転登記をする必要がありますので法務局へ登録免許税を納めなければなりません。登録免許税は固定資産評価額の0.4%が掛かります。評価額は市町村が決定するもので3年に一度見直しが行われています。所有権移転登記は複雑でなければ自分で行うこともできますが、慣れない作業なので何度も法務局での確認が必要になると思われます。時間と手間を考えれば司法書士に依頼した方が無難です。司法書士に対する報酬は5万円前後を見ておけば良いのではないでしょうか。
遺産を相続すると税金が課税されます。但し基礎控除額がありますので3000万円+権利者の数×600万円までの範囲内でしたら税金はかかりません。税金の申告がある場合は税理士に依頼する必要も出てきますので税理士に対する報酬も必要となります。その他特例があったりしますので専門家に相談しながら手続きをするのが確実ではないでしょうか。

新着情報

◎2022/12/6

情報を追加しました。

> アパート管理をするために重要な不動産会社の魅力
> マンションなどの不動産は管理人室によって管理されている
> 不動産で空き家のまま所有するのではなくしっかり管理する事が大切
> オーナーとして不動産管理を行うときの2つの注意点
> 経費節減で不動産管理をオーナーが自主管理するには知識が必要です

◎2019/7/10

劣化した時にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/5/20

サイトで手頃な物件を探す
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

不動産を相続する時の手続き
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

難しい不動産管理:入居者の募集
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

難しい不動産管理:共用部の清掃
の情報を更新しました。

◎2018/8/31

サイト公開しました

「不動産 相続」
に関連するツイート
Twitter

家を所有するなら相続の事も考える必要があります。 不動産は現金化するのが面倒で、等分するのが難しいのです。 だからといって、とりあえず『共有』なんてことにすると、後々もっと大変なことに成り兼ねません。 出口戦略を考える…、これは不動産所有にも言える事なのです。

【家づくり日記】 購入申込書を出してから3ヶ月。 本日不動産屋から連絡があり、土地を売りに出した長男ではなく、売却反対派の次男が相続をして、売らないことになったとのこと。 ショック過ぎる。あの土地で建てる気満々だったのに。 っていうかなんで相続も済んでない土地売りに出したんや…。

返信先:湯水の如く散財してますね。。。そもそも相続した不動産の評価額が高かったというのもありますが、、

被相続人の孫(代襲相続人ではない)が遺贈により不動産を取得した場合、その孫は、相続税額の2割加算の対象者となる。

不動産相続における注意点と対策