不動産管理の難しさ~住人との関係性~

不動産管理の難しさ~住人との関係性~ 不動産は収益を産み出す物件にもなりますが、一方では建物であれば経年劣化の問題が生じます。
経年劣化では年月が経過すれば建物のあちこちが傷んできたりして、劣化して建物の価値を低めてしまうことになります。
不動産は定期的な維持管理をしていかないと、こうした劣化によって価値を損ねてしまう可能性が高まります。
ただ実際に暮らしている住人がいると、その生活を脅かすような維持管理がしにくいのも確かです。
住人の暮らす目的は平穏無事の状態で暮らしができることで、それを脅かすようなメンテナンス等は苦痛に他ならないからとなります。
理解がある方が住んでいると良いですが、住んでいる方も様々な方も多く、無理な要求や文句などを言われる懸念もありますので注意が必要です。
不動産のオーナーは他の専門企業に任せているのが実態で、その企業の不動産に対する取り組みでは住んでいる方との関係がぎくしゃくしていることもあります。
住んでいる方との関係性も良好にできるかも重要なポイントになることも多いです。

管理会社で行われる審査と引越し先の不動産の選び方

管理会社で行われる審査と引越し先の不動産の選び方 最近では大家さんの手間を省くために管理会社が入っている不動産もたくさんあります。
そうした物件は特に大都市部に多く、狭いエリアに同じ会社の建物が何件もある場合もあります。
入居の時に行われる審査は管理会社や保証会社が行っていますので、こうした会社と良い関係を作っておくことは非常に大切です。
もし家賃滞納や近隣トラブルで迷惑をかけることがあると、同じ会社の持っている不動産の契約をしようとしたときに断られてしまう可能性があるからです。
良好な関係を作っておき、次の物件でも同じ会社が持っている不動産を選べば、費用の交渉もしやすくなるでしょう。
引越しをする際に次の物件のあっせんだけでなく、引越し業者や粗大ごみ処理業者のあっせんをしてもらえることもあります。
大手の不動産会社の場合は持っている物件の数も多いため、選択肢の幅は広がりますが、小さいところでもネットワークができているため、通常では出てこないような物件を紹介してもらえることもあります。

新着情報

◎2022/12/6

情報を追加しました。

> アパート管理をするために重要な不動産会社の魅力
> マンションなどの不動産は管理人室によって管理されている
> 不動産で空き家のまま所有するのではなくしっかり管理する事が大切
> オーナーとして不動産管理を行うときの2つの注意点
> 経費節減で不動産管理をオーナーが自主管理するには知識が必要です

◎2019/7/10

劣化した時にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/5/20

サイトで手頃な物件を探す
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

不動産を相続する時の手続き
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

難しい不動産管理:入居者の募集
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

難しい不動産管理:共用部の清掃
の情報を更新しました。

◎2018/8/31

サイト公開しました

「不動産 住人」
に関連するツイート
Twitter

返信先:住人と連絡は不動産屋経由でもなんでもいいからさっさと連絡しなさいよだね😕 なんのための緊急連絡先ですか?笑

返信先:あの不動産😅😅 アリオの近くのマンション 安っぽくて五千万とか可哀想になってきた😭 ラブホみたいな色使いだし エントランス安っぽい 住人の板が荒れていたよ〜

返信先:敷金礼金無しのゼロゼロ物件は、この手の輩が来るリスクがありますもんね。 大家さんも考えて 「夫婦以外(子供は可)は不可」 「勤め人以外は不可」 「保証人不用だけど保証協会通せ」 などでリスク回避してます。 個人的には敷金あり物件の方が外れ住人は少ないと感じます。 元不動産営業経験者

勝手に引越ししてきて、個人で契約、不動産買いもしてないのに、軽い気持ちで住人に犯罪する。

隣人の騒音、不動産に何度言っても改善どころか 私の部屋の玄関に聞き耳たてて様子伺ってて気持ち悪い。 これ嫌がらせすぎん? たまたま私が出かけようとしてエレベーターが上がってきたから住人鉢合わせ嫌で 一旦玄関戻ってエレベーター過ぎるの待ってたら ちょうど隣人達だったみたいでこれよ😞怖い